近ちゃん農園の幸水   

幸水

幸水は現在の果樹研究所で1959(昭和34)年に命名・登録された品種で新水・幸水・豊水の「三水」と呼ばれる赤梨の一種です。名前の由来は早生の幸蔵(赤ナシ)の「幸」と菊水(青ナシ)の「水」をとって付けられたそうです。   

幸水の特長

幸水の果皮は、緑色に薄い茶色が混じるような中間色で、コルク層が全面を覆っています。形はやや扁平気味の球形でお尻の窪みが深いのも特長です。果肉は軟らかく、多汁で甘味が強く感じられます。夏の暑い時期に出回るので大変人気のある梨です。   

幸水の収穫時期

産地や天候で多少異なりますが、収穫時期は短く、8月中旬から8月下旬頃となります。    もどる