近ちゃん農園の幸水   

豊水

豊水は、現在の果樹研究所で1972(昭和47)年に命名・登録された品種で、新水・幸水・豊水の「三水」と呼ばれる幸水の次に収穫される赤梨の一種です。交配したとされる両親については疑問視されていましたが、現在では、DNA の解析などから幸水とイー33(いしいわせ×にじっせいき)の交配によって生まれた可能性が高いことが明らかになりました。   

豊水の特長

豊水は平均の重さが350g~450gで幸水より少し大きめの梨です。果皮は、全体に黄金色に色付き全体に均一に果点コルクがみられます。果肉は、名前の通り果汁が豊富でジューシーです。非常に糖度が高く酸味も伴い味わい深い梨です。   

豊水の収穫時期

幸水の収穫が終わった頃から豊水の収穫が始まります。産地や天候で多少異なりますが、9月上旬から9中旬頃となります。    もどる